ネットワークインタフェース名の変更(CentOS 7)

最終更新日:2019年07月25日
レベル:★★★☆☆
CentOS7のデフォルトのネットワークインタフェース名を旧来からのethX形式に変更します。

CentOS 7 ではインストール直後のデフォルト設定でネットワークインタフェース名が「eno16777736」などの形式になっています。
これを旧来からの「ethX」の形式にする手順を紹介します。

  • rootまたはroot権限を持つユーザで実行してください。

grubファイルの編集

次のように「/etc/default/grub」ファイルを編集します。

# vi /etc/default/grub
-------------------------------------------------------
 :
GRUB_CMDLINE_LINUX="crashkernel=auto rd.lvm.lv=centos/root rd.lvm.lv=centos/swap rhgb quiet net.ifnames=0 biosdevname=0"
 :
-------------------------------------------------------

上の例のように「GRUB_CMDLINE_LINUX=」の行の末尾に「net.ifnames=0 biosdevname=0」に追記します。

grub2-mkconfigの実行

以下のコマンドを実行します。

# grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg 
Generating grub configuration file ...
Found linux image: /boot/vmlinuz-3.10.0-957.el7.x86_64
Found initrd image: /boot/initramfs-3.10.0-957.el7.x86_64.img
Found linux image: /boot/vmlinuz-0-rescue-1615e42899304deeab06dd9bce0a6053
Found initrd image: /boot/initramfs-0-rescue-1615e42899304deeab06dd9bce0a6053.img
done

ネットワーク設定ファイルの変更

「/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-XXX」ファイルの名前を「ifcfg-ethX」に変更し、内容を修正します。
次の例では現状のネットワークインタフェース名を「ens33」変更後のネットワークインタフェース名を「eth0」とします。

# cd /etc/sysconfig/network-scripts
# cp ifcfg-ens33 ifcfg-eth0
# mv ifcfg-ens33 __ifcfg-ens33 <--- 念の為リネームしておく

ifcfg-eth0ファイルの内容を変更します。

# vi ifcfg-eth0
-------------------------------------------------------
TYPE=Ethernet
 :
NAME=eth0 <-------------------- ens33 から eth0 へ
 :
DEVICE=eth0 <------------------ ens33 から eth0 へ
ONBOOT=yes <------------------- no から yes へ
-------------------------------------------------------

再起動

# reboot

確認

ip a」コマンドを実行し、ネットワークインタフェース名が「ethX」形式になっていることを確認します。

1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN group default qlen 1000
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 ::1/128 scope host
       valid_lft forever preferred_lft forever
2: eth0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP group default qlen 1000
    link/ether 00:0c:29:e2:f0:e6 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
   :

2: eth0:」となっていることを確認します。

任意の場所にpingを打って、ネットワークが正常に動作していることを確認します。

ー 以上 ー

 CMSを使ったホームページ制作
 VPS, AWS等クラウドシステム構築
等々のご依頼承っております